異世界漫画情報館

異世界漫画のレビューをしています。あなたにお気に入りの異世界漫画をお届けします。

【スポンサーリンク】

「ゴブリンスレイヤー」 あらすじ 感想 ネタバレ 【異世界漫画レビュー】

今回紹介するのは  ゴブリンスレイヤー です。

 

※このブログは私自身が異世界漫画を読み、あらすじ感想、異世界漫画の素晴らしさを語る場です。内容を語りにあたって少なからず多少のネタバレがでてくる場合がありますのでご容赦ください。

 

 

 

 

ゴブリンスレイヤー

 

 作者

 

 原作:蝸牛くも(GA文庫/SBクリエイティブ刊)

 作画:黒瀬浩介

キャラクター原案:神奈月昇

   

あらすじ

 


冒険者になったばかりの女神官は、初めての冒険で、弱小モンスター・ゴブリンの思わぬ脅威にさらされる。そこに現れたのは、「ゴブリンスレイヤー」と呼ばれる、粗末な鎧を身にまとった男だった。男は、無慈悲なまでに淡々とゴブリンを狩り始めていく…。

ゴブリンに執着した男ゴブリンスレイヤーとゴブリンスレイヤーを取り巻く冒険者達の物語です。

 

 

 

 

作品のよいところ(おすすめポイント)

 

・ゴブリンという弱小モンスターを題材とした作品

 

この漫画ではこのゴブリンが厄介な存在として人間を苦しめます。他の漫画では弱小モンスターとして扱われがちなゴブリンのリアルな姿を描いた作品です。このリアルが好きな人にはたまらない作品です。ちなみに私は大好きです。

 

・ゴブリンとの戦闘描写がリアルすぎる

 

ゴブリンとの戦闘シーンがとてもリアルです。ゴブリンに恐怖する冒険者の姿、ゴブリンを討伐するゴブリンスレイヤー。この戦闘描写が緊迫感がありとてもおもしろいです。

 

スポンサーリンク

 

 

作品のわるいところ(ツッコミポイント)

 

 ・グロ描写が苦手な人にはおすすめできない

 

おすすめポイントであげたリアルな描写がリアルすぎるが為に断念する人はでてきてしまうかもしれません。

 

 

・単調といえば単調なストーリー

 

ゴブリンスレイヤーがゴブリンを倒す話。極論この話です。この中に面白さが詰まっているのですが、単調と感じる人が中にはいるやもしれません。

 

 

スポンサーリンク  

 

 

総評

 

 今回はゴブリンスレイヤーについてレビューをさせていただきました。

 

 グロさも含めてリアルがありそこがまた面白い。スマホゲームになるくらい人気の作品なんで押さえておいて損はない作品だと思います。

また読み終えた人は外伝もあるので是非ともチェックです。

ゴブリン好きな人にもおすすめです笑

 

 

 ゴブリンスレーヤーが気になったら無料立ち読みを活用してみましょう 

⇒ゴブリンスレイヤー 無料立ち読みはこちら